スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)19/01/18(金)13:12
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:7/355 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

Re: 続!オンラインフェスティバル♪

 投稿者:St.わやや  投稿日:2020年 8月26日(水)20時35分59秒
  通報 返信・引用
   日本でコロナ騒動が勃発してから、もう半年以上も経ってしまいましたね。

 その間、身の周りの日常はガラッと一変してしまいました。外出や移動は自粛、
経済活動はほぼ停滞、芸術、スポーツ、レジャー、飲み会などの娯楽は奪い去られ、
生き甲斐のない日々をただ漫然と過ごしているという感じです。

 また、コロナ禍の中、大野さん、加藤さんの悲しい訃報もありました。
 Osaka娘さんと同様、合奏のバックに流れる合宿での大野さんのお姿を見て、
うるっときてしまいました。

 早いもので今年も2/3が過ぎ、あと4ヶ月しかありません。今年の漢字は、
ほぼ「疫」で確定でしょう。ほんとにつらい一年になりそうです。

 さて、神奈川ギターフェスティバル@YouTubeに投稿した一休さんとの二重奏ですが、
伝説のギターデュオ、ジュリアン・ブリーム&ジョン・ウィリアムズの
レパートリーで、原曲はブラームス作曲、弦楽六重奏曲第一番作品18の第一楽章です。

 オールドクラシックギターファンには説明するまでもありませんが、
既に超一流のソリストとして活躍していた二人がレコード会社の垣根を超えて
コンビを組み、70年代後半ほんの短い期間だけ活動していました。

 ソルやカルリ、バッハなどの定番のギター二重奏に加え、この曲やドビュッシーの
ピアノ曲など新しいギター二重奏のレパートリーを後世に残しました。

 私がギターを始めた頃とちょうど重なる時期で、その頃は、NHKでギターを弾こう
という番組があったり、少年漫画雑誌にクラシックギターの通信教育の
広告がでかでかと出ていたり、山下和仁さん、福田進一さんが立て続けに
パリコンで優勝したりと、日本におけるギター隆盛の時代だったと思います。

 先述のジュリアン・ブリームですが、去る8/14にご逝去されたとのことです。
 私も知らなかったのですが、先日のレッスンで悦子先生から聞き知りました。

 享年87歳ということで、パコ・デ・ルシア(2014没 享年66歳)、
ローラン・ディアンス(2016年没 享年61歳)に比べると大往生なのかもしれませんが、
もうかなり前に演奏家としては引退をされていたので、一世を風靡した巨匠の訃報に
してはやや寂しい感じがします。

 亡きマエストロ、ジュリアン・ブリームを偲びつつ、また、昭和の古き良き時代の
ノスタルジーを感じながら聞いていただければ幸甚です。
 
》記事一覧表示

新着順:7/355 《前のページ | 次のページ》
/355